Lシステインの効果

Lシステインの効果

 

Lシステインは美容成分として有名です。

 

では、Lシステインはどういた効果があるのでしょうか?

 

二日酔い効果

美容方面でL-システインですが、アルコールの分解速度を早めるといった働きがあります。アルコールを分解されるとアセトアルデヒドという物質が出ます。その物質が処理しきれずに血中に残ると、それが原因の一つとして二日酔いの症状がおきます。

 

で、このアセトアルデヒドを分解してくれる酵素を活性化させることができるのがL-システインという成分です。
飲み方としては、アルコールを飲む一時間~二時間前程度に飲んでおくのがいいかと思います。

 

ただし、常用的に飲むのは糖尿病リスクを高めるといった報告もありますので、あくまで二日酔いしそうなときや二日酔いがひどいときに服用するのがいいかと思います。

 

シミ、色素沈着の改善

Lシステインメラニン色素を抑えてくれる効果があります。黒色メラニンをL-システインが無色化するといった働きがあり、新陳代謝を助ける働きがあります。

 

疲労回復効果

L-システインにはカラダの代謝をスムーズにする機能があります。エネルギーというとちょっと不思議な気がしますが、私たちの何かをやるための活力や体の疲労感もエネルギーがしっかりと産生されていれば補うことができます。

 

若い時に徹夜で遊んでも十分動けたのは、このエネルギーの産生能力が非常に強いからです。

 

エネルギーの代謝は肝臓が行いますが、この代謝をL-システインは助けてくれるわけです。

 

L-システインは食べ物でも摂取できる?

薬品といったイメージがあるL-システインですが、食べ物でも摂取することが可能です。ただし、直接ではなく、L-システインを生成する物質であるメチオニンというものをとることで間接的に摂る方法です。
メチオニンを多く含むのは、シラス、クロマグロ、カツオ、サバ、ヒラメ、豚肉、鶏むね肉、牛レバー、大豆製品、プロセスチーズ、ゴマ、カシューナッツなどがあります。

 

二日酔い予防に効くサプリメント

二日酔いに効くサプリメントは他にもいろいろあります。L-システインは常用により糖尿病リスクもありますので、他のものを使用するのも一つの手段です。

 

関連ページ

オルニチンの効果
オルニチンの効果をご紹介します。
タウリンの効果
タウリンの効果をご紹介します。
クルクミンの効果
クルクミンの効果をご紹介します。
ビタミンB15の効果
ビタミンB15の効果をご紹介します。